名古屋市緑区|セメント瓦の、表面が剥離 塗装?葺き替え? 


天気が良かった本日は、名古屋市は緑区のお客さまから屋根の診断依頼を頂いて行って参りました。

天気の良い日は、屋根診断がとても捗ります。


今日は、今はあまり見なくなったセメント瓦の診断のお話になります。
厚型スレート
安静な住宅街にある、築20年で庭を綺麗にしておられるとてもお洒落なお家ですね。

お家全体がバンって出ているより、木々に多少隠れてしっそりしている部分があると、風情に感じます。
セメント瓦
最近では、セメント瓦ってあまり見掛けません。

なかなかレアな瓦ですね。
セメント瓦

築20年~25年ぐらいのお家でよく使用されていました。

特徴は

割れにくい
軽い(日本瓦より)
重厚感がある
ズレにくい

などです。
セメント瓦
デメリットは、

表面の顔料が年数と共に剥離し易い
普通のスレートと比べると重い
ビスや釘が浮き易く、費用は大して掛からないがこまめなメンテナンス・点検が必要である

などがあります。
セメント瓦
ビス浮きや釘抜けは大体10年~

表層部の顔料の剥離は15年ぐらいから始まります。

剥離すると、そこから雨水がじわじわと毛細管現象で入っていきます。
勿論、すぐに下地に雨水が廻るものでもありませんが、徐々にセメント瓦の耐久力が落ちて来ます。
セメント瓦
こちらのお家は築年数がちょうど20年とおっしゃって居られていたので、それこそ剥離が始まる年数であります。
セメント瓦

ケラバ(袖瓦)なんかは、部分的に剥離で完全に覆ってるところもあります。

工場生産の屋根材なんで、ランダムに剥離し易いところとしにくいところがあります。


次回に続きます。(^^ゞ

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957