愛知県みよし市|天窓が台風で飛んだ家に太陽熱温水器 診断編②


第④話
前話の続き
(↑クリックで読めます)
台風で飛んだトップライト

さて、棟板金をメインにした診断から、こちらは太陽熱温水器を設置しているのでそちらの方もちゃんと診断する事にいたします。

太陽熱温水器の下辺りは通常のスレート部分より結露などで痛み易くなる場合がある為、屋根に登る際に温水器があった時は必ず点検した方が良いのです。


台風で飛んだトップライト

太陽熱温水器の周辺は塗装したスレートなら大体上記の様な剥離が見られます。

スレートの素地の中に水が溜まって、上に塗っている塗料を押し出してしまう為です。

場合によってはスレートが反ってきたりする事も多いです。

台風で飛んだトップライト

こちらの化粧スレートの場合は、剥離が甚大と言えますね。

見ての通り、温水器の下の部分は結露が溜まって塗膜をめくれあげてただれる様になっています。

台風で飛んだトップライト

そして、溜まっていた結露などは軒先へと流れるのですが、残った水分はコケやカビの養分となりどんどん成長していきます。

こちらの場合はコケが一列にびっしり生えています。
台風で飛んだトップライト


太陽熱温水器のすぐ真下の所です。

コケの塊が群生して森状態になっているのがお分かりでしょうか?

昔の朝日ソーラーが乗っている家ではよくこういう光景を見ました。

勿論、屋根に取ってはあまり良い状態ではないのは明らかだと思います。
台風で飛んだトップライト

この剥離の仕方では、もう塗装は不可能です。


台風で飛んだトップライト

この上から塗装してもどうにもならないですね。

1年持ったらいい方だと思いますので、
台風で飛んだトップライト

この屋根の状態みたいになったら再塗装はやめましょう。
台風で飛んだトップライト

と言う訳で、塗装&太陽熱温水器のコンビはあまり感心は出来ません。

では、次の話で養生をいたします。

↑クリックで続きが見れます

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957