名古屋市南区|庇の雨漏りで、下地が老朽化 板金を貼りかえ


名古屋市南区のお客様。
庇からの雨漏りがひどいので見て欲しいとの事で行ってきました。
やや歴史を感じられる住宅地の築40年モルタル木造の2階建てで、下地が老朽化して板金を貼りかえしないといけない状態でした。
庇雨漏り
瓦の方を先に見てみます。

雨どいは歪んでいますが、雨漏りまでとはいかないですね。

壁水切りも然り
庇雨漏り

ケラバは若干ズレが生じているものの、まだ大丈夫ですかね。
庇雨漏り
外壁が未塗装なので、モルタルが雨水を吸う状態に見られます。
庇も先が錆びているのが見てわかりますね。
庇雨漏り

庇の上部。壁際のところに黒かびが溜まっている様です。

触ってみると、板金がベコベコしています。

下地が怪しいと思って下から覗いてみると
庇雨漏り

こんな感じで老朽化して腐食しておりました。

長年の雨水が木材を腐食させたのでしょうね。
庇雨漏り

アップでみると、木材に白い菌みたいなのが見えます。
木材腐朽菌と言って、含水率が高い木材に見られる白いカビみたいなものです。

床下の浴槽周辺や雨漏り中の屋根裏なんかでは、よく見られるものです。
庇雨漏り
更に下部を見ると庇から水が廻っています。

このままの状態だと、庇ごと朽ちて落ちる可能性があるので早急なやりかえをお奨め致しました。

雨漏りというよりも、雨で老朽化していたという事です。

なんにせよ、お家の中まで来てなくて良かったですが、時間の問題かも知れません。
庇雨漏り

屋根・庇・板金の診断は

街の屋根やさん名古屋南まで!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957