オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市 緑区|築年数14年の戸建にお住まいのお客様宅へ訪問いたしました。


名古屋市 緑区で築年数14年の戸建にお住まいのお客様から、数年前に雨漏りをした場所で補修をしていただいたけど、最近はまったく点検を行っていないにので心配になり見て欲しいとのご依頼でお伺いいたしました。
瓦屋根点検
平板の瓦屋根です。棟の部分が板金の仕様になっています。お客様は新築時にこのような仕様について何も聞かれてなかったようです。全部が瓦で施されていて30年~40年は何もせずに大丈夫だと思われていたようです。
瓦屋根点検
棟の板金の下は瓦と瓦が合掌するところは隙間が開いていて下地の下はすぐ小屋裏という構造が多いです。そして棟板金を固定するには棟木という木が入っていてそこに打っていきます。釘やビスを打ち込み板金を固定しています。
瓦屋根点検
こちら面も太陽光発電パネルが敷きつけられていました。スレート瓦屋根と違って(スレート瓦屋根の場合の太陽光発電パネルを設置するときには基本下地にまで届くビスを使い打ち込んでいることが多いです。そのことで後々釘やビスの隙間から雨水が浸入して雨漏りになるケースもあります。瓦屋根に設置する太陽光発電パネルは架台といわれる役ものに交換して設置されますので雨水の心配はほとんどありません。
瓦屋根点検
この面が、今回の屋根点検では最後の棟という事になっています。他の面と同じく太陽光パネルが敷き詰められていましたので架台への取り付けがしっかりされているかという事も確認致しました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957