オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東海市|屋根の点検依頼を受けました(和瓦)


和瓦の全景
東海市にお住まいのお客様より、屋根の点検依頼がありました。築が30年以上経つ和瓦の家です。
さすがに、心配になり、連絡をくれたそうです。

早速、屋根に上りましょう!
和瓦の全景
パッと見は、30年以上経っている割には、状態は良いかなと思いましたが、細かく見ていると、それなりの症状が出ています。

瓦の並んでいる列が蛇行している所があります。
これは、瓦がずれて下に下がっています。
棟瓦
これは、本棟と呼ばれる一番てっぺんの瓦になります。
こちらのお宅は、5段積みですが、昔の古い家だと7段積みなど、跨ぐのもやっとの家もありました。
それだけ、重量もあり、地震等で崩れてしまう場所です。
棟瓦
瓦の中には、土が入っていて瓦を安定させる役割がありますが、どうしても、隙間から雨が入り、土が流れてしまい、のし瓦がずれてしまいます。

更に、隙間が大きくなり、雨が入りやすくなってしまい、悪循環になります。
棟瓦
ここは、本棟から、斜めにある隅棟との取り合いの部分になります。

本来は、ここに漆喰があるはずですが、劣化により取れてしまっています。

こういった所からも、雨が入り込んでしまいます。
瓦の下地
全体を、歩いてみて何箇所かたわみのある所がありましたので、瓦をめくってみました。

静岡より、西の地域では、瓦の下に土を入れて、瓦を安定させます。土の下に防水紙が貼ってありますが、一部、貼っていない所がありました。

お客様に、「雨漏りしていませんか?」と思わず聞いてしまいました。

不思議なことに、この状態でも、していないとの答えでびっくりしました。

今の状態では、いつ雨漏りしてもおかしくありませんが、建て替えも視野に入れて考えてられているようですので、
参考にしますとの事でした。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

刈谷市にお住まいのお客様から「スレート屋根のケラバ部分が気になるのと、塗ってから11年経つので塗装の状態を見てほしい」という連絡がありました。ひどくなる前にお手入れした方が良いと思い、一度見てもらおうとなり連絡をくれたようです。

屋根工事

名古屋市天白区のお洒落なデザイナーズ住宅にて雨漏り点検の依頼がありお伺いしました。築20年~ほどのお家で二階サッシ部分から雨漏りがして木部に穴が開いており、さらに一階天井も雨漏りがひどい状態なので一度見てほしいとのことでした。まずは屋根の状...........

屋根の全景

中川区にお住まいのお客様から、スレート屋根の点検依頼がありました。築年数が20年以上たったが、今まで一度もお手入れをしてこなかったので、屋根の色も変色してきたので気になり始め連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957