名古屋市熱田区|瓦が台風で飛んで周囲に被害④ 屋根下地診断


④名古屋市熱田区|日本瓦が台風で飛んでしまって被害


↑クリックして前回が見れます。
台風で飛ばされた瓦

築年数が50年以上経っているお家はよく補修した跡が見られますが、

こちらのお家も例外ではなくありとあらゆる所を漆喰で補修しておられました。
台風で飛ばされた瓦

補修した漆喰がはがれてきて塊が屋根の上に乗っかっていました。

台風でだいぶ飛ばされたんでしょうが、それでもかなりの物体が屋根上に残っておりました。
台風で飛ばされた瓦

落下の危険性があるので、塊は後で下に降ろす事にします。
台風で飛ばされた瓦

大道路に面した方に下屋根があるんですが、こちらも後で登り直して点検しないといけませんね。

こっちもだいぶ痛んでいる模様です。
台風で飛ばされた瓦
横から見ると、下地が腐食して瓦が上がったり下がったりしています。

ここまで段差があれば、雨漏りが止まらないのは納得出来ます。

完全に下地の防水性がなくなっているのでしょう。
台風で飛ばされた瓦

トタン屋根や波板屋根の小屋も依頼されれば点検致します。
台風で飛ばされた瓦

下地が古くなってきているので屋根そのものが歪んでいる様に見えます。
台風で飛ばされた瓦

壁際のトタンの取り合い部分の劣化が著しく見られます。
台風で飛ばされた瓦

ちなみに私は築270年(推定)ぐらいの屋根まで診断した事があるので、築100年ぐらいまでは遠慮なくご依頼下さいませ。(笑)

※ちなみに上記に書いたお建物は、富田林市にある旧杉山家と呼ばれる寛永生まれの高祖父(ひいひいおじいさん)がいつ建てたか覚えていないぐらいの旧家でした。
台風で飛ばされた瓦

さて、次回は最後になります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957